えびす家

以前行った『えびす』(以前の記事はこちら⇒)と店名が一文字違いなんで紛らわしいんですがー

20180206_124143726.jpg

こちらは『えびす家』になります。

以前ちゃんこ料理の『坤龍』さんがあったとこ。
この『えびす家』さんも前はスエヒロにあったようですが最近移転してきたようです。

えびす家020605

玄関前の看板。なんだか手招きされている気がする。。。
ということで入店です。

えびす家020603

とりあえずもいっかいメニューを。
まぁ、すでになににするかは決まってるんですけどね。

えびす家020604

お店のイチオシと思われる“日替わりランチセット”
半ラーメンと日替わり丼の平日限定セットですが今日の丼は“中華丼”

こちらラーメンの方は基本に忠実な?釧路ラーメン
麺はかなり細めのタイプです。アッサリスープもいいですね~
中華丼の方はー野菜たっぷり、お肉少なめ?
なんとなく安心するというか落ち着くというか、そんな感じの優しい味。
お昼に毎日とまでは行かなくても普段使いに食べに来るならこうゆうのがいいですねー。



えびす家012601

別の日。夜は居酒屋さんもやってるとのことで再訪してみました。
やっぱり夜はまた雰囲気が違いますね~。

えびす家012602

まずはもちろん ビール。瓶ビールは久しぶりです。
お通しは“ポテサラ”でした。

えびす家012603

“紅鮭ハラス焼き”

コレ、予想よりおっきくてウレシイ誤算。
「ハラス」だから脂が乗っててイイですね~

その他にも「ニラ玉」とか「サバ味噌」なんかがあって食べたかったけどそれはまた次の機会に。
ごちそうさまでした。

えびす家020601 えびす家020602







スポンサーサイト

らーめん むかし屋末広店

釧路町にある本店?には何度か行ったコトがあるんですがーコチラは初訪問 になります。

むかし屋末広店012603

『らーめん むかし屋末広店』

以前は確か喫茶店だったとこのようなー
1階が厨房とカウンター席、2階がテーブル席となっていました。

むかし屋末広店012601

メニュー表~本店では“醤油”とか“塩”ばっかりで味噌味は食べたことがなかったはず というか本店って味噌やってたかなぁ??(ちなみに以前の記事はこちら⇒

とは言ってもこのときは飲み会の帰り。
やっぱり頂くのは

むかし屋末広店012602

“醤油ラーメン”

王道の釧路ラーメンスタイルで細麺、あっさりと飲んだ後でも胃にやさしくスルスルと入っていきます。
あ、そうそうココ、甘いものでシメたい人向けに“パフェ”なんかもメニューにあるようです。
FOGGにはちょと無理そうですが甘党の皆さんどうですか?
今日もごちそうさまでした。

むかし屋末広店012604






北京亭

かなり昔っからある老舗の中華屋さん。

北京亭011705
(ありゃっ、店名光って写ってない

『北京亭』 さん。

以前の運転免許試験場 へ入る道のカドのお店と言えばわかるでしょうか?
FOGGが免許取りに行ってた頃からもうすでにあったからウン十年?前からずっとやってることになります。 スゴイっ。
今回、お店の前の国道を通ったら目に入ったんでちょと寄ってみました~

北京亭011702

北京亭011701

メニュー表もかなり年期がはいっています。
店内は予想以上に広く、かなり高齢の(こちらは想定内) でお店を切り盛りしてるようです。
満席になったらちゃんと回せるのかと思いつつ…それでは早速頂きましょうか。

北京亭011703

“天津飯”

盛り付けの雑さはご愛嬌ということで(汗)。
かかってる甘酢あんはそれほど「酢」が効いていなくやさしい味。
ちなみにこの「天津飯」、中国にはないそうで~ホントは中華風の日本の料理だとか。
まぁ、その辺は別にいいでしょ?
そして“天津飯”のお供はやっぱりコレでしょ。

北京亭011704

“餃子”

この場合、「ぎょうざ」ではなく「チャオズ」と読みましょう。
はい、このコンビです。

天津飯 餃子

ドラゴンボール世代なもんで…
(ヤムチャを忘れるなーという声が聞こえてきそうですがっ)

話戻りましてこちらの“餃子”、餡は野菜たっぷりであっさりと食べれる感じ。しかもさっきのメニュー表の画像を見てくれるとわかるんですがこれ(8個)で1人前。スンゴく安いっ!
他のメニューもかなり安めの設定でー親父さん、値段変えるの忘れてるんじゃないかと(笑)。
なにはともあれ、庶民の味方の中華屋さん、これからも出来る限り永~く続けていってほしいですね。
ごちそうさまでした。また来ますね~。







ラーメン専門 日本

以前は確か新栄町の三十間道路(三十間道路って通称かな?)沿いにあったお店。

日本120802

『ラーメン専門 日本』

FOGGの仲間内では『ジャパン』と呼んでいました。
(他の釧路の方々はどうなんだろ?)

「ジャパン」と言えば

ジャパン2 こんな方とか、

ジャパン1 こんなのも流行りましたね~

ちなみにココら辺をすぐ思い浮かべたヒトは同世代?
フェンダーミラーなんか知らない人もいるのかな?(当時ドアミラーは違法だぜぃ)
若かりし頃、夜遊びの後よく行ったものです。


話は逸れましたがいつの間にかスエヒロに移転してたんですね~。
飲み会の帰りに偶然見つけてそのまま入店。

日本120803

4人掛けテーブル席2つにカウンターは4~5人分かな。
シンプルな店内。メニューもカウンターの上の壁に書かれているだけ。

日本120801

頼んでから5分もたたないうちに出てきました。
これまたシンプルな“醤油ラーメン”

「あーっ、懐かしい味」と言いたいところですが~昔の味なんかすっかり忘れてしまってます。
でも、アッサリだけど美味いこのラーメン、飲んだあとのシメにピッタリです。
ごちそうさまでした。

ちなみに朝5:00までやってます。そこは相変わらずの超夜型のお店です。






釧路なのに東京飯店

釧路なのに何故か店名は『東京飯店』 さん。

東京飯店120805

釧路の繁華街スエヒロからちょと離れた場所にありますが~夏夜の虫のようにお店の灯りに吸い寄せられて 初訪問です。

東京飯店120802

店内の様子と壁に貼られたメニュー。
画像ではわからないと思いますが夜のおつまみメニューも結構あるようです。

この時お店に居合わせたオネエサンの話では~
元々はスエヒロやMOOにあったお店とのこと(FOGGは全然知らなかったです
んでコッチへ移ってきたんだけどしばらくは開店休業状態でー
このたびお孫さんがお店を引き継いでお店を再開させたんだとか。

とまぁ、このお店のウンチクはこれくらいにしてまずは、
カンパイ2「いっただきまぁーす」

ゴハンを食べるつもりがあっという間に に変更。
意志の弱さ ? には自信があります。
だって…ねぇ、ビールと餃子は黄金の組み合わせでしょ?

東京飯店120804

ということで先ほどのオネエサンイチオシの“焼餃子”
コレ、ホント美味しかったです。
モチモチパリパリジュワーの三位一体ジェットストリームアタックにしてヤられました。
こんなところ(失礼 )にこんな美味しい餃子があったとは。

そしてもう一品。

東京飯店120803

“ピリ辛チャーシューメンマネギ和え”

チャーシューはちょと固めのClassic style
そして山盛りのネギとネギに埋もれて見えないメンマの方がかなり辛いっ
でも、ビールは進む~
このまんまドンと ラーメンの上に載せてもイイかも。
(っていうかそれっぽいメニューすでに貼ってました)

老舗の味を受け継いだこのお店、ランチは550円から。
今度はランチで“餃子定食”食べに来なきゃあね~。
ごちそうさまでした。

東京飯店120801





プロフィール

FOGG

Author:FOGG
北国北海道道東の釧路で行き当たりばったりな毎日を過ごしている適当な大人です。 温かい目で見守ってくださいませ。

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
KUSHIRO BLOG 100
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク