北京亭

かなり昔っからある老舗の中華屋さん。

北京亭011705
(ありゃっ、店名光って写ってない

『北京亭』 さん。

以前の運転免許試験場 へ入る道のカドのお店と言えばわかるでしょうか?
FOGGが免許取りに行ってた頃からもうすでにあったからウン十年?前からずっとやってることになります。 スゴイっ。
今回、お店の前の国道を通ったら目に入ったんでちょと寄ってみました~

北京亭011702

北京亭011701

メニュー表もかなり年期がはいっています。
店内は予想以上に広く、かなり高齢の(こちらは想定内) でお店を切り盛りしてるようです。
満席になったらちゃんと回せるのかと思いつつ…それでは早速頂きましょうか。

北京亭011703

“天津飯”

盛り付けの雑さはご愛嬌ということで(汗)。
かかってる甘酢あんはそれほど「酢」が効いていなくやさしい味。
ちなみにこの「天津飯」、中国にはないそうで~ホントは中華風の日本の料理だとか。
まぁ、その辺は別にいいでしょ?
そして“天津飯”のお供はやっぱりコレでしょ。

北京亭011704

“餃子”

この場合、「ぎょうざ」ではなく「チャオズ」と読みましょう。
はい、このコンビです。

天津飯 餃子

ドラゴンボール世代なもんで…
(ヤムチャを忘れるなーという声が聞こえてきそうですがっ)

話戻りましてこちらの“餃子”、餡は野菜たっぷりであっさりと食べれる感じ。しかもさっきのメニュー表の画像を見てくれるとわかるんですがこれ(8個)で1人前。スンゴく安いっ!
他のメニューもかなり安めの設定でー親父さん、値段変えるの忘れてるんじゃないかと(笑)。
なにはともあれ、庶民の味方の中華屋さん、これからも出来る限り永~く続けていってほしいですね。
ごちそうさまでした。また来ますね~。







スポンサーサイト

ラーメン専門 日本

以前は確か新栄町の三十間道路(三十間道路って通称かな?)沿いにあったお店。

日本120802

『ラーメン専門 日本』

FOGGの仲間内では『ジャパン』と呼んでいました。
(他の釧路の方々はどうなんだろ?)

「ジャパン」と言えば

ジャパン2 こんな方とか、

ジャパン1 こんなのも流行りましたね~

ちなみにココら辺をすぐ思い浮かべたヒトは同世代?
フェンダーミラーなんか知らない人もいるのかな?(当時ドアミラーは違法だぜぃ)
若かりし頃、夜遊びの後よく行ったものです。


話は逸れましたがいつの間にかスエヒロに移転してたんですね~。
飲み会の帰りに偶然見つけてそのまま入店。

日本120803

4人掛けテーブル席2つにカウンターは4~5人分かな。
シンプルな店内。メニューもカウンターの上の壁に書かれているだけ。

日本120801

頼んでから5分もたたないうちに出てきました。
これまたシンプルな“醤油ラーメン”

「あーっ、懐かしい味」と言いたいところですが~昔の味なんかすっかり忘れてしまってます。
でも、アッサリだけど美味いこのラーメン、飲んだあとのシメにピッタリです。
ごちそうさまでした。

ちなみに朝5:00までやってます。そこは相変わらずの超夜型のお店です。






釧路なのに東京飯店

釧路なのに何故か店名は『東京飯店』 さん。

東京飯店120805

釧路の繁華街スエヒロからちょと離れた場所にありますが~夏夜の虫のようにお店の灯りに吸い寄せられて 初訪問です。

東京飯店120802

店内の様子と壁に貼られたメニュー。
画像ではわからないと思いますが夜のおつまみメニューも結構あるようです。

この時お店に居合わせたオネエサンの話では~
元々はスエヒロやMOOにあったお店とのこと(FOGGは全然知らなかったです
んでコッチへ移ってきたんだけどしばらくは開店休業状態でー
このたびお孫さんがお店を引き継いでお店を再開させたんだとか。

とまぁ、このお店のウンチクはこれくらいにしてまずは、
カンパイ2「いっただきまぁーす」

ゴハンを食べるつもりがあっという間に に変更。
意志の弱さ ? には自信があります。
だって…ねぇ、ビールと餃子は黄金の組み合わせでしょ?

東京飯店120804

ということで先ほどのオネエサンイチオシの“焼餃子”
コレ、ホント美味しかったです。
モチモチパリパリジュワーの三位一体ジェットストリームアタックにしてヤられました。
こんなところ(失礼 )にこんな美味しい餃子があったとは。

そしてもう一品。

東京飯店120803

“ピリ辛チャーシューメンマネギ和え”

チャーシューはちょと固めのClassic style
そして山盛りのネギとネギに埋もれて見えないメンマの方がかなり辛いっ
でも、ビールは進む~
このまんまドンと ラーメンの上に載せてもイイかも。
(っていうかそれっぽいメニューすでに貼ってました)

老舗の味を受け継いだこのお店、ランチは550円から。
今度はランチで“餃子定食”食べに来なきゃあね~。
ごちそうさまでした。

東京飯店120801





かなりの久しぶりです「油淋鶏」

毎年恒例の健康診断が近づいてきております。
その前に~オナカいっぱい お肉 「お肉」を食べよう!っとかなり久しぶりになりますが『陽陽亭』 さんへ行ってきました。

陽陽亭101103

健診はありの~ままで~受けるのがホントだとは思うんですが
やっぱり少しでもいい数値にしたい思うのは愚かなオジサンの性(サガ)なのであります(汗)。

で、今回の目的はこの“油淋鶏定食”

陽陽亭101101

「お肉」といいつつ、多少はカラダに良さげな トリさんを選ぶあたり、FOGGの気の弱さが滲み出ております。

陽陽亭101102

とはいえ相変わらずの盛りの良さ、トリさんてんこ盛りなのであります。
そしてこの“油淋鶏定食”、ご存じのとおりさらに“麻婆豆腐”まで付いてくるため、食べ過ぎ厳禁のFOGGの場合、か弱い女子のように「ゴハン少なめで」 とコールせざるを得ないのであります。

しかーし、本物の(失礼)女子である相棒からの容赦ない(ウレシイ?)サルベージ要請。
お皿には相棒側から転送されてきたトリさんが再度積載されるのでありました。


結果、オナカいっぱい。いつもと変わらずと相成りました(爆)。
以上、『陽陽亭』さんからの報告であります。ご清聴ありがとうございました。



美味しかった~。
また来なきゃね(笑)。





めん処 剛味家

とうとうホントに寒くなってきました。。。
北海道の冬はなが~いイメージがありますが、元々も、釧路の場合ヘタすればでも14~15℃ですんで他の地域に住んでいる方たちからみれば年中「冬」みたいなもんでしょうか。

そんなところに住んでいるFOGGでも冬の寒さを感じ始めましたが、こうなってくるとやっぱり ラーメンイメージ “ラーメン”の出番ですね。
(って、結構季節関係なく食べてますがっ)

剛味家100504

『めん処 剛味家』さん。

武佐ののコープ中央店(今は配送センター?)近くにあるとこ。
FOGGが入ったときは先客はなしでしたが食べ終えて帰る頃には家族連れとかで一杯になってました。

剛味家100502

今日はアッツアツ “広東麺”

剛味家100501

別メニューになってるとこみると季節限定メニューとかなんでしょうか?
いや、この「あんかけ」のおかげで最後までアッツアツでもうアッツアツで…
ちょい舌ヤケドしちゃいました

味の方は少し醤油強めですがFOGGの好みでイイ感じ~
食べ終える頃には汗だくでしたが美味しく頂きました。
次回は定番のラーメン?いや、炒飯?餃子も気になるし迷うなぁ。
そうだ、FOGGよりも汗だくになる相棒を道連れにしよう(笑)。
ごちそうさまでした。

剛味家100503






プロフィール

FOGG

Author:FOGG
北国北海道道東の釧路で行き当たりばったりな毎日を過ごしている適当な大人です。 温かい目で見守ってくださいませ。

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
KUSHIRO BLOG 100
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク