ラーメンたかはし

ここんとこ新規OPENの ラーメン屋さんばかり行ってたんで~原点回帰?
繁華街スエヒロにある釧路ラーメンの老舗

ラーメンたかはし040502

『ラーメン たかはし』さんへ

ご存じ 蝶タイ 蝶ネクタイのマスターがお店を切り盛りしてます。
でこちら釧路ラーメンのお店のなかでも特に魚介系、イヤ「カツオだし」 がグイグイ来るラーメンで有名。
どれくらい攻めてくるかといいますと~繁忙時にはお店の外までカツオの香りがっ。
まるで鰻屋のケムリのように客引きいらずでお客さんを誘ってくるような。
(まぁ、この系統のラーメンが苦手なヒトは近寄りもしませんでしょうが。)
とにかく「カツオだし」に特化したラーメンです。

ラーメンたかはし040501

定番の“醤油ラーメン”
ここで“みそ”を頼んでるヒトほとんど見たことありませんが。

シンプルでアッサリ、そして細麺。釧路ラーメンの基本です。
胃にやさしく呑んだ後のシメに丁度イイ感じ。
FOGGもきっちりシメて帰りました。ごちそうさまです。


ちなみに~シメの前は…

ぶりすけ040504

やっぱり寄っちゃってました「赤横」
そして『ぶりすけ』さん。

ぶりすけ040505
(赤横HPより)

店内改装してからはこんなふうに“お通し”も提供されるようになっててー

ぶりすけ040502

あとは前と変わらずで

ぶりすけ040502

“ホッピー”(今日はブラック!…でも味の違いわかんなかった )とか、

ぶりすけ040503

“鳥小肉”とかを食べて『ラーメン たかはし』に向かってます。

せっかく健康的に歩いて活動してるのにこれじゃあっという間に元通りかな。。。






スポンサーサイト

「麺屋武双」

ココ釧路は蕎麦の街を謳っているんですが~
どうも最近は ラーメン店 の出店ばかりが目につきます。
今日はまたお初のラーメン店

麺屋武双032904

『麺屋武双』さんへ。
建物自体が新築?のようでとてもキレイです。

麺屋武双032901

FOGGとしては珍しく「アッサリ系」ではなく、お店イチオシと思われる「こってり系しょう油味」から
“武双味玉ら~麺”をチョイス。

麺屋武双032902

一瞬、“味噌味”?に見間違うようなビジュアル。
ファーストインプレッションは「ちょっと濃い味かなぁ(汗)」

…ですが、まずは一口食べてみると~そんなんでもない。
というか逆に薄味?と思えるくらいのような。。。あれっ なんでだろ

さすがにちょと物足りなくてテーブルにあった「魚粉」を投入。

麺屋武双032903

うん、このくらいがちょうどいいかも。
確か麺が中太麺だったけどこれならウエーブのかかった細麺でもいいんじゃないかなぁ。

見た目とは裏腹のココのラーメン、こってり系でコレだとあっさりならどんだけあっさりなんでしょうか?
メニューにあった“あっさり鶏塩ら~麺”、気になる気になる。








ラーメン「炎旨堂」

先日は 愛車の○回目の車検でした。
さすがに先日追突されたときにはもうダメかなぁ~とか思いましたが(その時の記事はこちら)
その後の経過は良好でまだまだ現役でイケると判断しました。
最近は同じ年代のクルマはほとんど見かけなくなりましたがー今のクルマはみんな似たり寄ったりであまりソソられないし、もう少し乗ってようかと。ECOとかどうでもいいから(失礼!)もっと楽しいクルマつくってほしいんですが。。。

さて話を戻して、クルマを工場に預けたあとはもちろんランチです。

炎旨堂031803

『ラーメン 炎旨堂』さん。
ここんとこ人気上昇中のお店です。

炎旨堂031801

カウンター席には仕切りがあって「おひとりさま」にも配慮されています。
で全部のカウンター席の正面に“ドン”とメニューが貼ってあります。
でもね…食券方式なんでー入口近辺であたふたともうメニューを決めたあとなんですよね~
もしかしてこれってまた次来させるための作戦なんでしょうか?
コレ見てすでに次は“鶏節”かなぁとか考えてる自分がっ
すっかり作戦にハマってます。

炎旨堂031802

お初のお店なんでまずは「ヒトの心理上」必ず一番注目してしまうという『左上』部分に載っている
“炎旨麺 醤油”で。

見た目ピンク色がかった「ローストポーク?」に興味津々。
なんでも長時間低温調理の豚さんだとか。
早速「いただきます」

おっと、予想外にあっさりしてるかも。
浮いてる「脂」からしてこってり系かと覚悟してましたがーイイ意味で予想を裏切られました。
「ローストポーク」も肉自体がしっとりとしててこれまたイイ感じ。
チャーシューだとどうしてもパサつくし、トロトロにすると今度は脂がキツくなるけどコレはいいですね~。
美味しー。ココ初訪問からかなり気に入りました。
ポイントカードもかなりオトク?な設定 だし、コレは早いうちにまた来ないとねっ。

炎旨堂031804





「玩味」でランチコース

もっと通いたいくらいお気に入りのお店なんですが4ヶ月ぶり、今年お初の『玩味』さんです。

外観1

今回は珍しくお昼の訪問。お目当ては某ブログに出てた

玩味022001

“おまかせランチコース”です。

こちら平日限定、要予約となりますがかなりオトクな内容みたいで~相変わらずシゴトそっちのけでやってきました。
もう、食べる前から期待値MAXで楽しみです。

玩味022008

“紅芯大根とパクチーのサラダ”

かなりパクチー感が強いんでパクチーがダメなヒトはダメかも。
FOGGと相棒は無問題で美味しく頂きますが。

玩味022007

続いて供されたのが“牡蠣と浅利の茶碗蒸し”なんですが~
玩味さんでは珍しくFOGG的にはちょっと
牡蠣がつよすぎてこの茶碗蒸しのダシとは合わないような。。。

玩味022006

“海老と季節野菜の炒めもの”
玩味さんでは定番もの。相変わらず塩加減が絶妙です。
大粒の銀杏、ユリ根や空豆、スナップエンドウとかとか…美味しー

玩味022005

こちらも定番中の定番。でもココに来たら必ず食べたい“黒酢の酢豚”
んで、コースの場合はさらにコレがついてきました。

玩味022004

可愛らしいサイズの中華の蒸しパン“花巻”
これで美味し~い黒酢のソースを根こそぎ頂きます。
お皿もキレイになって一石二鳥?(笑)

玩味022003

シメは“五目焼きそば”
このあたりまでくるともう結構オナカいっぱい。
ちなみに一品一品の量は2人分で通常のレギュラーサイズとハーフサイズの中間くらいかな。
でもお昼からこんなに食べていいのでしょうか。

玩味022002

デザート。最近食べていない「杏仁豆腐」と悩んだんですが~
こちら“金柑のシャーベット”に。
ほんのり甘みとわずかな皮の苦味がいい感じ。


とまぁ、1時間以上かけてゆっくりと食事を楽しまさせて頂き、今年初ということで遅まきながら帰り際マスターに新年のご挨拶。
今後ともよろしくお願いしまっす。





せんべろ 『華獅子酒家』

前回も書きましたが、最近歩いてます。
結構歩いてます。
かなり歩いてます。

性格なんでしょうか?
歩き出すと「どこまで行けるか?」的なバカなコトを考えながら歩いてたら、先日も紹介した

ルパ021004

「出世坂」を降り、

幣舞橋

「幣舞橋」を渡って
(左に見えるはEGG(Ever Green Garden)ですね)

釧路駅

「釧路駅」に到着。
でもって

華獅子030903

ほとんど人通りのない怪しい雰囲気の漂う駅下の地下道をくぐり抜けると

華獅子030902

華獅子030901

釧路のDEEP ZONE 駅裏界隈に到着です。
ここまで

地図

この距離を歩いてきましたっ!
釧路のメインストリート「北大通」を縦断です。(短かっ)

都合30分以上、歩きながら考えてた目的地は

華獅子030907

先ほどの画像でも赤々とした提灯の光がひときわ目立つ
『華獅子酒家(ホワシーズーシュカ)』さん。

はい、ここは前に紹介した『華獅子菜館』(以前の記事はこちら)のマスターが復活して今やっているお店です。

華獅子030904

長い道のりでしたが美味しいもののためには千里の道も遠しとせず。
場所と見た目で入るのにはちょっと勇気がいるかもしれませんが~

お目当てはココの“せんべろセット”です。
飲みもの2杯に本日のちょいおつまみと中華のおつまみがついてなんと1,000円!
通常ビール 500円で出してるみたいだから~おつまみ代はどこへ
なんとも太っ腹でウレシイ限りです。
何十分も歩いた甲斐があるってもんです。

今日のおつまみは

華獅子030905

“蒸し豚のゴマソースかけ”
それと選べる中華おつまみは

華獅子030906

中華定番の“エビチリ”にしました~
どちらもお店としてはハーフサイズくらいとなっていますが量的には全く問題なし。
むしろビールが足りないくらいです(爆)。
(一応今回は2杯でSTOPしました)


さてさてひとしきり飲んで食べて、もう少し長居したいのをグッとガマンしてお店を後にしましたが、近いうちまた来ることをココロに決めたFOGGでした。
そして…来た道をまた同じように歩いて戻るコトになるワケですが…
帰り道も長いのは当然当たり前、ですよね。。。。(続く)





プロフィール

FOGG

Author:FOGG
北国北海道道東の釧路で行き当たりばったりな毎日を過ごしている適当な大人です。 温かい目で見守ってくださいませ。

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
KUSHIRO BLOG 100
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク