アジアンなFood Cafe 「Cantika」

今週はシゴトが残業続き~(泣)
ゴハンとちょと甘いものが食べたくてー行ったのは三十間道路沿いにあるFood Cafe 「チャンティカ」です。

チャンティカ外観

かなり人気なお店でFood Cafeというだけあってここは食べ物のメニューが豊富です。
また、お店は南国リゾート「バリ」?のイメージでアジアンな雰囲気いっぱいです。

チャンティカ3

こ~んな風にエスニックな食材等も販売しております。
かなり興味をそそられます。。次回はなにか購入してこようかな?

きのこと柚子胡椒の和風スパ

トマトとしめじのグラタンパスタ

まずは今回頂いた料理~
「きのこと柚子胡椒の和風パスタ」
「トマトとしめじのグラタンパスタ」です。

柚子胡椒と紫蘇の香りが予想に反してうまくマッチしております。ちょと驚き??の再発見でした。
オーナー曰く、「びっくりするほど簡単につくれちゃいますよ~(笑)」
簡単で美味しいなら言うことなしですよねっ!

グラタンパスタの方もホワイトソースの濃厚さをトマトの酸味が和らげてくれてとっても美味しくいただけました。今の時期ならこっちの方がいいかなー

さて、今回の目的のデザートです。
豆乳花

ベトナム風コーヒーゼリー

「豆乳花(トールーファー)」「ベトナム風コーヒーゼリー」です。

黒蜜ときな粉のやさしい甘さと豆乳のヘルシー感でとてもあっさりです。
豆乳好きな相棒が喜んで食べておりました。
またコーン茶がついてくるのもウレシイですね~

ベトナム風コーヒーゼリーは“コーヒーゼリー ON THE アイス コンデンスミルクかけ”ですが、ベトナム風ってこのコンデンスミルクが特徴ですね。コーヒーとかにも普通に使いますし。

ただ、今回は無理言ってミルク少な目でお願いしました
甘いもの食べたくてお店来てミルク控えめってどういうこと?とは思うでしょうが欲求と理性の間でゆれるのがヒトなんです??…なんのこっちゃ(笑)

ここ「チャンティカ」は結構夜遅くまで営業してるし、食事でもお茶でも利用できるのででとってもありがたいお店です。
でもコーヒーは機械式?でいれてるみたいなんでこっちの方が好みかなぁ。。そこまでワガママは言えませんが(汗)

チャンティカ2  チャンティカ1


スポンサーサイト

本日は中華三昧!その弐

だいぶ遅くなってしまいましたが、それでは先日の中華コースディナーの続きです。

料理も後半に入り、次はボリュームのある肉料理でした。
皮付豚バラ肉の角煮

「皮付豚バラ肉の角煮」
ソースはお店の酢豚でも使われている黒酢ベースのソースですね~
皮のところがトローリとしていてコラーゲンがたっぷりって感じです。PIG

皮付の豚バラってあんまり(というか初めて?)見たことないけどこんなに美味しいならもっと出回っててもいいと思うんだけど…下処理とかが大変なんでしょうか~皮だから豚毛の処理とかもありそうだし。。

で、続けざまに次の料理がー??
蒸しパン
「蒸しパン」なんでこんなに早く出てくるの?

ん?んん??

蒸しパンIN角煮

やはり、こういうことですよね。
蒸しパンが美味しいソースをたっぷり吸ってたまりません~

で、最後の料理はこちらっ
汁なし担々麺
「汁なし担担麺」です。
日本では"汁あり"の方がポピュラーかもしれませんが中国では「担担麺」と言えば"汁なし"です。
よ~く混ぜ混ぜして芝麻醤をまんべんなく麺に絡ませてー
具材にはピーナッツではなく炒ったクルミが使われてました。マスターの感性でしょうか。
うん、FOGGもクルミの方がサクサクしてて好きかな~

そしてもちろんデザートデザートもっ
杏仁豆腐
百合根のお汁粉

上:定番の「杏仁豆腐」
下:「ゆり根のお汁粉」です。

ここの杏仁豆腐はアマレットがキツ過ぎず、フルッフルッの触感ですんごく美味しいと思います。
ゆり根のお汁粉は具材は何も入っておらず"汁粉"のみですが、ゆり根の甘味がやさしぃーくてホッとしますね~
っていうかゆり根の汁粉ってここのお店に来るまで知りませんでした(汗)

ということで以上8品(蒸しパン入れたら9品?)が今回のコース料理でしたが、最初から最後まで大満足でした。
量的にも自分たちにはちょうどいいくらい。というか美味しいものはスルリと食べちゃうもんですね~

お値段は普段よりちょとだけ高めになっちゃいますが皆さまも是非一度ご賞味してみてくださいませ。
なお、コース料理は前日までの予約が必要です。またマスターが一人で全てのお客さんの料理をつくっているのでお時間に余裕をもって来られるコトをお勧めします。
(ちなみに今回は18:30で予約をしてお店を出たのは20:30過ぎでした。まぁ、オープンカウンンターでマスターが料理をつくっているところを見るのが好きなFOGGたちにはとても楽しい時間でしたが)

で、今回のお店はこちらっ
外観1

中国料理「玩味(ワンウェイ)」
玩味  玩味2



本日は中華三昧!その壱

先日、FOGGがイチ押し中国料理店でコースディナーを食べてきました。
場所はこの辺り~

MAP

これだけでもわかるヒトはわかると思いますがお店のお名前はまたあとで。。。
ホントはもっと早いうちに紹介したかったんですが色々ありまして満を持して?の登場です(笑)

予約していたカウンター席に陣取り、まずはコレとお店特製のブレンド茶から始まりました。
虎豆の香味煮
「虎豆の香味煮」です。五香紛を使っております。
まずはかるーいジャブですね。ボクシング


羊肉と白菜の漬物のスープ

茶碗蒸し…のように見えますがー
正解は「羊肉と白菜の漬物の蒸しスープ」です。
なんと白菜の漬物をスープにっ!
羊肉特有の匂いはありますが~漬物のわずかな酸味がポイントでしょうか。
羊肉は鶴居産です。地産地消はウレシイことですね~
冷えていたカラダがポカポカと。さらに食欲が増してきました。(笑)

マスターの説明どおり半分位食べたところで右上に見える特製ダレを投入
これ、ちょとピリカラのタレで味覚が変わり、一品で2度楽しめ、辛さも個人のお好みで~というところがまたいいですねー

春菊の塩炒め

「春菊の塩炒め」塩加減が絶妙!
茎の部分のシャキシャキ感が特に美味でございますぅ。
今が旬のものですね~

冬筍と海老のすり身の揚げ物チリソ-ス

エビフライ海老かカニ爪の揚げ物?いえいえ、正解は
「冬筍と海老のすり身の揚げ物チリソ-ス」です。

コレ、絶品です!

エビのように見えるところがタケノコでその周りに海老のすり身をまとわせて揚げたものです。
タケノコのシャクシャク感とエビすり身のふんわり感がもう"まいう~"と思わず顔がほころんでしまいました。

帆立の茹煮葱ソース

「帆立の茹煮葱油かけ」だったかな??
この辺から食べるのに夢中で料理名がちょとあいまいです。
メニューにも載ってなかったので確認ができませんでした

ホタテは目の前で殻を剥いてくれ、仕上げのネギ油をかけるとジュワーっといい音がまた美味しそうです。
スダチを絞ってパクリ!

これまた「おいすぃーっ!」
ホタテの茹で加減が絶妙です。
ネギ油はそこらのドレッシングなんかより全然美味しい調味料ですね。
カラの下に敷いてある刺身のツマ的なものは紅心大根と思われますが、FOGGも相棒も2人して刺身のツマ(紅心大根)もネギ油をドレッシングにキレイに完食してました。



そろそろ料理も後半戦へ入りますが。。。その弐へ続く。。。

レストラン「おかじま」

ここは労災病院近くの住宅街の中にあるレストラン「おかじま」です~
おかじま外観
相変わらず画像が悪くてスイマセン
この季節は寒いせいかいつもよりさらにブレてますね(汗)

お店はかなーり以前からあったと思います~いわゆる「しにせ」でしょうか?
前に一度だけ行ったことがありましたが、今回ふと思い立って寄ってみました。

頼んだのは

「イタリアンサラダ」 ~ 野菜はちゃんと摂らないと!ですね
「生ハムとエビのドリア」 ~ 生ハムのドリア??
「鶏肉の辛子味噌」 ~ 鶏肉好きです。老体にはあっさり脂少なめでー
さらになぜか追加で「パン」も ~ 自家製と聞いたもんで。。

で、こーんな感じになりました。
白熱球の照明下なんで赤っぽい画像になってます。こういう場合どういう風に撮ればいいんだろ?
おかじま1

右:イタリアンサラダはプチトマトの皮が湯むきされてました
こういう丁寧な仕事ってウレシイですねGOOD JOB!
左:ドリアはベシャメルソース?がいい味です。自分達にはちょと濃い目だけど普通はこれくらいが丁度いいのかな?
上:自家製パンはふわっふわっタイプのパンでした。予想してたのとはちょと違いましたが、かる~くて料理のジャマをしない感じ。

おかじま2

鶏肉の辛子味噌です。セットでライスとおソバがついています。
洋風に盛り付けられていますがすっかり「和」の味となっておりました。不意打ちです。
やはりおソバと味噌なんで和テイストがつよくなってます。

やはり長い間親しまれている老舗らしい、いい感じのお店でした。
また近いうちに寄らせていただきまーす。


…でもコーヒーがメニューになかった。。。orz
プロフィール

FOGG

Author:FOGG
北国北海道道東の釧路で行き当たりばったりな毎日を過ごしている適当な大人です。 温かい目で見守ってくださいませ。

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
KUSHIRO BLOG 100
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク