centotto108(チェントット)

いつもお邪魔させてもらっている某ブログに新しい イタリアンのお店が載ってました。
これは早速行かねばならぬっっ と。

centotto082408

『centotto108(チェントット)』さん。

場所は釧路合同庁舎よこ、元の『麻里の』さん(その次は『ふくわらい』さん)があったとこ。
そういえば以前通ったとき、なんかOPEN準備してたなぁ、と思い出しつつ入店です。

先客は1人。相棒と二人であれやこれやとメニューを物色し、まずはとりあえずということで?

centotto082407

“ピンクグレープフルーツジュース”でカンパイ。
かなり鮮やかなピンク色。

centotto082406

前菜は“本日のカルパッチョ彩り野菜添え”
今日のオサカナは「鯛」でした。
鯛の身たっぷり、いい感じ~。ゼイタクを言わせてもらえばもうちょっと野菜がイッパイだったらなおウレシかったかな。

次はパスタ。

centotto082405

centotto082404

どっちもおススメメニューから
“トマトとバジルのなんちゃらソース”みたいなやつと
“四種のチーズのキノコなんちゃら”です。
(すいませんっ、メニュー名忘れちゃいました。

もちろんどっちも頂きましたが~“四種のチーズ”の方はブルーチーズが強めで好みが分かれるとこかな。
FOGGはチーズ大好きなんで
ただ、ブルーチーズがそんなに得意じゃない相棒でも問題ない範囲と言ってましたがー

で、ここのパスタはかなりソースが多め。
となるとやはりこうなるでしょ?

centotto082403

追加オーダー!
“自家製パン”

想像してたパンと違ったけど~
お皿を下げにきた店員さんを制して、これに残ったソースを絡めてさらに美味しく頂きます。
ちょっとイヤシイかもしれませんがーせっかくの美味しいソース、最後まで楽しみたいですよね。

そしてデザートは(ってまだ食べるんかい。)

centotto082402

“カタラーナ”

さすがにコレは二人でひとつにしました。
予定外の「自家製パン」も食べちゃったもんで~
出てくる直前にバーナーで炙られたカラメルがパリパリで美味しー


帰り際、マスターにちょとお話を聞いたところ、
関西~関東をぐるっと周り、10年くらい修業を積んで先月地元であるココ釧路でお店をOPENしたそうです。
ちなみに店名にある「108」は出身の「とうや」をもじって付けたそうです。
(「とうや」は「洞爺」じゃないですよ。「遠矢」の方)


オナカいっぱい、ちょと食べ過ぎ状態ですが満足満足です。
ごちそうさまでした。

centotto082401





スポンサーサイト

麺屋 松三

おっと、中華3連チャンの記事UPです。
といっても今回は ラーメンイメージ 「ラーメン」だから中華とはちょと違うかな。もはや「ラーメン」は日本食?みたいな地位を確立しているような気がします。

松三063002

『麺屋 松三』さん。
確か去年くらいにOPENしたお店ですが~またたく間に巷で評判のお店となりました。
PIG とんこつと sakana 煮干しのスープ、ツートップのお店です。

となると、さてどっちのラーメンにしようか券売機の前でひと思案。

松三063004

えいっと決断して券売機のボタンをポチッとな。
(そんな大層な決断ではありませんが~笑)

松三063003

ニボニボの“煮干しそば”~です。
味玉はデフォルト、麺はやはりちぢれ麺をチョイスしました。
すでに片口鰯の香りがFOGGを刺激中。

釧路育ちのFOGGには慣れ親しんだ魚介系の香り(サカナ臭い?)の方が親しみやすいです。
スープはやっぱり澄んだ「琥珀色」が美しい。

早速スープをひと口。 うん、イケますね~
やはり評判になるだけはあります。
太めのメンマも柔らかでいい感じ。トロトロ一歩手前のチャーシュー、脂の抜き具合もFOGGの好みです。
あっさりやさしいスープは思わずほとんど飲み干してしまいました。(汗)
ごちそうさまでした。
今度はこってりのとんこつにも挑戦してみようかな?

松三063001



チャーハン、炒飯。

先週に引き続き?中華です。
仕方ないですよね。中華大好きなもんで。
というより美味しいものが大好きなんですが(汗)
ただ、華麗なる一般庶民のFOGGは高級なものじゃなくごくフツーの食べ物、料理ですんごい幸せを感じちゃいますが。
今日の幸せは“炒飯”頂きました。

陽陽亭060902

ついでに“ラーメン”も。セットですね。

陽陽亭060901

すいませんっ。 さらに“春巻き”です。
アツアツ、パリパリ。春巻きも美味しー

今回のお店はいつもの

陽陽亭102701

『陽陽亭』さん。
ここの炒飯の「塩梅」がFOGGにピッタリなんですよね~

ちなみにFOGGの知り合いがここの娘さんだということをつい最近知りました(汗)。
CM じゃないけど「繋がって」るもんですね。



FOGGイチオシの~

釧路のいわゆる中華(中国)料理屋さんでどこが一番好きかと聞かれたら~
FOGGの場合はやっぱりココを推すと思います。

外観1

『玩味(ワンウェイ)』さん。
本格的な中国料理を出すお店では釧路では群を抜いているんじゃないかな?

ということで今回も期待して行ってきました。

店の前にはクルマは1台だけ、先客は2組ほどでしたがマスターはなにやら慌ただしく料理中。
多分皆さんもちょっと前に入店したばかりだったのかと。
ひとわたり注文の後、“普洱茶”を飲みながら相棒と談笑していると
マスターから「ちょと時間かかるけど許してね~」というサインがっ。

玩味062005

“塩ピーナッツ”
もちろん大丈夫ですよ。 こちらは気にしないでね~と早速頂きます。
FOGGは全然ですが相棒はすぐに風味づけの『八角』に反応。
相変わらずの味覚の鋭さは流石です。

で~思ったよりも遅くならずに注文の品が出来上がってきました。

玩味062004

定番中の定番“黒酢の酢豚”
なんかいつもより盛りが少ない気がしますが(汗)

玩味062003

“ナスとバジルの炒めもの”
あれっ。ハーフサイズ用のお皿で出てきた。。。レギュラーで頼んだハズなんですが。
バジルの香りがたまりませんです。

玩味062002

シメは今回は麺で。
“五目あんかけ焼きそば”
大振りのアサリが鎮座しております(2コ)。海老も2尾入りでシェアの際ケンカになりません。(笑)

そして今日のデザートは

玩味062001

“プラムのシャーベット”です。
このシャーベットだけがなぜかてんこ盛り。
でも、いつもどおり甘過ぎないのでモーマンタイ(無問題)。

今回は最初、色々と手違い?があったのか量的にちょと なところもあったのですが、食べ終えてみればいやいや丁度いい感じ
イヤシイからいつも食べ過ぎちゃうけどもっとオトナにならないとね。
あー美味しかった~



プロフィール

FOGG

Author:FOGG
北国北海道道東の釧路で行き当たりばったりな毎日を過ごしている適当な大人です。 温かい目で見守ってくださいませ。

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
KUSHIRO BLOG 100
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク