美味しさより大事なのかも

先日のこと。ちょとウレシイことがありました。
久しぶりに相棒とよく行く中国料理のお店へ。
いつもどおりの美味しい料理をオナカいっぱい食べて「ごちそうさま」と会計に。
そこにマスター自ら出てきて(これはいつものことです)なにやら話しがあるよう。
なんだかわからず構えながらよくよく話を聞くと、前回来たとき料理を一品“ハーフサイズ”“レギュラーサイズ”を間違えて出してしまったとのこと。
ということで今日はお詫びとその分の差額をお返ししますとっ。

えっ!
前回来たのって確か6月だったはず…もう、3ヶ月以上前の話ですけど。
しかも前回確かに量が少なかったと思うことあったけど、料金がハーフなのかレギュラーだったのかなんて他の料理も頼んでるからわかるワケないのに。
マスターは律儀に前回の伝票も取っといてあるみたいで。(汗)
なんか、ホント嬉しくなっちゃいました。
こちらこそもっと頻繁に顔出しますね~。

おっと、ちなみに今回食べた料理はこんな感じです。

玩味100705

“ジャスミン茶”

玩味100704

前回からお気に入りの“ナスとバジルの炒め”

玩味100702

“鶏肉と春雨の煮込”
コレは今回お初です。煮込みといっても鶏肉に適度な弾力があっていい感じ。

玩味100703

定番“黒酢の酢豚”
言われてみればコレ、今回いつもより量が多かったような気がする。。。

玩味100701

シメは“汁なし担々麺”


やっぱり“いい”お店は美味しいのはもちろんだけどもっと大事なのは「心遣い なんでしょうかね。




スポンサーサイト

chou chou ange (シュシュアンジュ)

すでに10月も後半。
今年もあと2ヶ月って。。。夏が来たかどうかもわかんないうちにもう冬かいっ
全くもぅ…油断してるとあっという間ですね。
さてさて、今日はいつもお世話になっている方のところへ伺うということで手土産をこちらのお店

シュシュアンジュ100102

『chou chou ange』
読み方は『シュシュ アンジュ』さんで。
フランス語で「天使のお気に入り」っていう意味らしいです。

場所は江南高校高校の近く。かなり人気のお店のようで、FOGGが行ったときもお客さんがひっきりなしに来ていました。
先客が注文してるあいだ、許可を頂いて店内を

シュシュアンジュ100105


かぼちゃ2    かぼちゃ3    かぼちゃ2    
    かぼちゃ1    かぼちゃ1

はろ、 うぃん

最近は仮装とかもスゴイらしいですね~
ほんのちょと前までそんなんでもなかったような。

シュシュアンジュ100104

シュシュアンジュ100103

色とりどりの綺麗で可愛らしい ケーキをいくつか購入。
こちらは四角いカタチの“キューブシュー”が有名のようです。

シュシュアンジュ100106

こんなの。

今回はお遣いものなんで箱開けて画像を撮るワケにもいかず、食べログから画像を拝借させていただきました(汗)。
次はちゃんと自分用に買って食べてみまっす。

シュシュアンジュ100101






麺屋 さいか

先日、大楽毛の方に新しく ラーメン屋さんがOPENしたとの情報をキャッチ!
大楽毛…遠いっ と思いつつも向かってしまう自分に呆れつつ、

麺屋さいか100102

行ってきました。『麺屋 さいか』さん。

「行動力」はこういうところに使っていいものでしょうか?
しかも、 11時開店と勝手に思い込み、ぴったりにお店に到着するもまだ「準備中」の看板が。 どうやら11時30分の開店のよう。
さらに意味なく発動する「忍耐力」。車中でじっと開店を待ちます。
しかし…こんな時だけなにムキになってるんだか(汗)

そうこうしてるうちにやっと開店の時間。
一番乗りかとおもいきや、油断してるうちに先に一人お客さんが入ってたみたい。

麺屋さいか100104

こちらは「油」にこだわりがあるみたいで~まず“ラーメン”を選んで、そのあと3種の「香味油」から合わせる「油」を選ぶようです。
つまり
ラーメン(5種類)×香味油(3種類)=15種類の組み合わせが楽しめるということかな。

とりあえず今回は初見ということで

麺屋さいか100103

“醤油×鶏油”+煮卵 でイッてみました。
見た通り「釧路ラーメン」風のアッサリ細麺タイプ、で表面を「鶏油」が覆っています。

でも。。。開店まで結構待ってたせいもあり、ちょと物足りなく感じちゃいました。ゴメンナサイ。
オナカがすいていたからこの場合、味噌系で攻めれば良かったかな。
かる~く食べるんなら丁度良かったんですが。。。
うーん、このままだと消化不良です。また来なきゃっ


麺屋さいか100101




東家 鳥取分店

実は先日交通事故に遭いまして~
   交通事故
いわゆる「おカマを掘られた」っていうやつですがっ。
まぁ、幸いカラダはなんともなかったんですが~しばらく愛車が工場住まいになってました。

で~やっと修理完了との報告が届き、馴染みの工場ということもありこちらから取りに行くことに。
親切でしょ~でもホントはただ単に理由をつけてシゴトを中抜けしたかっただけなんですが。
(相変わらずのスチャラカサラリーマンです。)
さらに言うとモチロン真っ直ぐ工場へ向かうなんてことはいたしません。
偶然??にもお昼どきだったんでー仕方なくゴハンのために寄り道です。

東家鳥取分店092801

『東家 鳥取分店』
クルマ(まだ代車です)をどこに停めればいいか悩みながら入店。
店に入るなり女将さんに確認して一息。

東家鳥取分店092803

店内はかなり年季が入っている感じ。何故かの石壁からは竹筒?がニョキッと。
以前は水が流れていたんでしょうか?

東家鳥取分店092804

メニュー。丼ものとお蕎麦のセットものもけっこうあるようです。
今回はこのメニューの裏側にあったコレにしました。

東家鳥取分店092802

“そば定食”
要は小ざるそば+小天南+小かしわのセットです。
ちなみに100円増しでさらに ライス付きもありましたが、さすがに食べきれないと冷静に判断。

正解です。

いくら「小」そばでも3つですんで~仮に1つが半分の量でも1.5人前ですよね。
このくらいはFOGGでも計算できます。
これにライスをつけたらどうなるかは…いちお学習はしてるつもりです。

“天南”といいつつ海老天ではなく具のない“かき揚げ”なのはご愛嬌。
メニューの画像もそんな感じだったし、値段的に海老天は無理でしょ?と納得できます。
まぁ、「たぬき」と思えば無問題。

“たぬき”“かしわ”“ざる”と順にいただきまして~ごちそうさまです。
満足満足の美味しいお蕎麦でした。
ボリュームもあり、また今度是非また寄りたいなと。


帰りは復活(修理費はン十万!エンジンはイッてないけどよく直ったなぁ)した愛車で気分も上々。オナカも満足な一日でした。



寶龍 創房

たまには札幌ラーメンもいいかなと。
どっちかというと「釧路ラーメン」推しのFOGG。
食するのはあっさり系のラーメンが多いのですが~
この日は珍しく胃袋が“もちもち太麺”を欲してました。

でー向かったのは文苑の住宅街に入ったところにあるこちら。

寶龍創房091801

『寶龍 創房』さん。

ここって以前、鳥取大通にあった『寶龍』さんが移転してきたとこなんですね~
(食べたあとネットで知りました)

お昼には少し早めの11時半くらいに行ったんですが店内はすでにほとんど満席状態。
なんとかカウンターにすべり込みました。

寶龍創房091802

メニューが盛りだくさんで…さてどれにしよ
通常なら“醤油”でしょうがココはあの『寶龍』
頂くのは当然“味噌”からのチョイスということでー

寶龍創房091803

ラーメンイメージ “こく旨味噌” ラーメンイメージ

まぁ、結局お薦めメニューの一番上に書かれてたのを選んだんですがっ(汗)
ドンブリの前の方に見えるのは白キクラゲ。なかなか他ではないトッピングです。

「札幌ラーメン」って久しく食べてなかったんでアレですが、こんな感じでしたっけ?
なんかFOGGの持ってるイメージだと「味噌」がちょとキツめで濃ゆ~い味だと思ってたんですがー結構甘めであっさりしてる。
まぁるい味っていうか。。。白みそだからでしょうか。
これってココだけ??

でも、これはこれでイイ感じ~というかあんまり味が濃すぎるのもキビシイんでこっちの方がいいかも。
食べごたえのある太麺、チャーシューも分厚いのにヤワヤワ。
うん、チャーシューは脂少なめでここのはスキなやつです。これならチャーシューメンも美味しく食べれそう。
食べ終わるとオナカにどっしりと満腹感が。ごちそうさまでした。



…ちなみにメニューには“946(クシロ)ブラック”なるメニューがっ。
気になるなぁ。。。



プロフィール

FOGG

Author:FOGG
北国北海道道東の釧路で行き当たりばったりな毎日を過ごしている適当な大人です。 温かい目で見守ってくださいませ。

アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
KUSHIRO BLOG 100
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク